理想の住まいづくり

New Posts

木のおもちゃの家

注文住宅はハウスメーカーか工務店か

注文住宅というのは、建売住宅と違い、自分たちの希望を強く反映させた家で、こだわりの家を立てられますが、こだわればこだわるほど工期とコストが増していく、という特徴があります。注文住宅を依頼する場合、大きく分けて二つの依頼先があります。ハウスメーカーと、工務店です。ハウスメーカーというのは、よく有名人を起用したテレビCMなどで知られるところです。取り扱っている件数が多く、良くも悪…

和風な家

注文住宅を建てていく際での相談のコツ

注文住宅の購入についての見積もりやその際においての専門業者の担当者との話し合いなどにおいて、当事者同士の合意がなされた時点で初めて、購入のやり取りが行われ、そのうえで建築工事に取り掛かるなどといった流れになるのが、一般的な購入面においてのカタチといえます。ただ、その際にやはり、幾ら見積もり後においての建築着手などとはいっても、その時点でも予想外の事態が起きたりする事は十分に考えられたりします…

白を基調とした家

注文住宅は建売住宅よりも高くつくのか

注文住宅は、建物の構造や間取りなど、あらゆるものを自分の希望通りに選ぶことができます。その一方で、かかる費用は建売の住宅よりも高くなると言われており、予算の都合から注文住宅を敬遠する方も少なくありません。「注文住宅を建てようとすると費用がかさむ」というのは本当なのでしょうか。建売では、間取りや骨組み、工法、使われる建材、インフラ設備の配置など、さまざまな要素が売主側の基準で選ばれてい…

屋根の角度が少し急な家

女性が建てた注文住宅

夫に亡くなられてから建てた新潟市の注文住宅です。色々な所の土地を探したりしましたが女だということで新潟市の不動産屋さんとの行き違いはありました。喧嘩せず仲良くすることです。まず新潟市の土地探しです。適当な広さと価格が合う土地が見つかったので予め決めておいた建築会社の内容を調べました。県庁の中に不動産会社の内容を見られる部署があって簡単に見る事が出来ました。2,3箇所候補を決めていたの…

建売住宅と注文住宅の特徴とメリット

外に階段のある家

新潟市で新築の一戸建てを購入する方法は建売住宅と注文住宅があります。新潟市の建売住宅は既に家が完成していて土地とセットで購入するという形になります。そのため住宅価格が明確で契約すればすぐに入居する事が出来るので建売住宅で新築の一戸建てを購入するというのが一般的です。新潟市の注文住宅は建売住宅とは違って土地を購入した後に工務店やハウスメーカーに建築の依頼をします。その時に外観や内装など要望をする事が出来るので生活スタイルに合った家を建てる事が出来ます。そのため建てる家に自分のこだわりを取り入れたいという人が注文住宅で新築の一戸建てを購入します。
建売住宅は住宅価格が明確ですぐ入居出来るという他に区画販売をされている事が多いので建築費用を削減する事が出来ています。そのため住宅価格が相場より安い事もあるので経済的にもメリットになります。また区画販売されていると自分以外の人も同じ時期に入居してくるので近所付き合いも上手くいく事が多いです。
注文住宅は生活スタイルに合った家を建てる事が出来るという他に将来を見据えた家を建てるという事も出来ます。結婚して子供が出来ると家族も増えるので部屋の数も増やさなければいけないという事も出てきます。そのため増改築しやすいように設計して家を建てる事も出来ます。

注文住宅と建売住宅は内部構造も全く違う

注文住宅と建売住宅の差については、購入者がわからない部分もかなり多く存在します。注文住宅というのは、一般的に土地を用意しなければなりません。その上で建築業者に建築の依頼もするので予算もそれなりにかかりますし、手間暇もかかりますから選べない場合も多いでしょう。
注文住宅と建売住宅というのは圧倒的な差があります。建売住宅というのは、デベロッパーが用意した土地を活用できるので立地条件は良いのも特徴ですし、さらにいくつかの建売住宅を同時に作ることが殆どですので、部材の費用も比較的安くなります。抱き込み形式の販売ですから、注文住宅を建てるよりも遥かに安い価格で提供できるのです。
建売住宅の場合、よほど恵まれた環境にないと建築中の様子を見ることができませんし、特別な建築プランでもなければ、構造や耐久性、断熱のグレードアップをしたくても出来ない場合が殆どです。さらに、この性能については具体的な評価も得られない場合がありますし、建築中の不具合や欠陥なども見逃しがちです。
注文住宅であれば、事前にチェック機構に加入することもできますし、もちろん知識があれば建築中に起こる不具合を途中で手直しする事もできます。耐久性や断熱性能についてもグレードアップを図る事も充分に可能です。こういった部分を見ても、値段なりの成果が注文住宅を建てた場合には得られるのです。

注文住宅を建てるときのポイント

1.家作りに使えるお金を算出する:注文住宅に興味があっても、まず何よりも先に気になるのが「自分の資金力で本当に建てることができるか」ということです。①用意できる金額②月々支払える金額③金利④返済期間等をもとに、家作りに使えるお金を算出してみましょう。
2.資金の配分を理解する:建物費用と土地費用のバランスー家作りに使える金額に対する、建物費用と土地費用のバランスは下記の2パターンがあります。土地重視型:土地のコストに比重を置いて家を建てること。建物重視型:建物価格に比重を置いて家を建てること。また、建物費用と言っても、そのうち100%を建物本体に充てられるわけではありません。土地の費用を除いた資金=建物本体にかけられる費用ではないことを理解しておきましょう。最初にどれぐらいの金額をそれぞれの予算にあてられるかしっかり見極め、後で予算オーバーにならないよう、注意が必要です。
3.予算内で土地を探す:土地に支払える金額が分かったら、希望の場所で支払える金額の土地があるか探してみることです。注意したいのは、土地にはいくつかのチェックポイントがありますので、土地の面積一杯に理想の家が建てられるとは限らないということです。以下の4つの項目に注目して、希望に合った土地を見つけましょう。
・広さ(建蔽率・容積率)-建蔽率:敷地面積に対する建築面積の割合 容積率:敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合。
・日照ー日当たりの良い土地ほど値段は高くなる傾向にあります。南側に道路がある、南向きの面に建物などが隣接していないなど実際に行って確認するのがおすすめです。
・形状ー長方形、正方形の土地が一般的ですが、それ以外の土地は変形地となります。変形地は建物を設計する上で工夫が必要になるがうまく利用すればお得に建物を建てることができます。
・出入り可能な道路の数ー1つの道路に面した土地が一般的ですが、2本の道路が利用できるいわゆる「角地」は開放感があり、日照もよいので人気です。ただ価格も高くなる傾向にあります。

人気となっている注文住宅

多くの方がアパートや賃貸住宅で過ごされていらっしゃると思われますが、誰しもが「マイホーム購入」を目標とされているハズです。そんなマイホーム購入においては、建売住宅にしようか注文住宅にしようか悩んでしまいますよね。しかしマイホームを購入される多くの方は注文住宅をチョイスし、満足出来る住宅を購入されていらっしゃいます。それは注文住宅には多くの魅力が満載となっている事で人気となのです。そして世の中でたった一軒だけの住宅を建設する事が出来る事です。
住宅購入においては建売住宅もあります。建売住宅は完成済みの住宅となっている事で、すぐに住む事が可能となっていますが周りを観てみると自分たちが購入した住宅と同じような造りや色合いの住宅が多く建設されています。その為、オリジナル性を全く感じる事が出来ません。
でも注文住宅は外装は勿論、内装や設備の配置場所等全てにおいて家主が決定する事が可能となっています。ですので、自分たちが購入した住宅と全く同じ住宅は世の中には存在していなく、たった一軒だけの住宅にする事が可能となっているのです。他の住宅では観られないオリジナル性が満載となっている住宅を購入出来る注文住宅は人気となっているのです。

自分なりの良い家を注文住宅で建てる

これから注文住宅を建てるにあたって、まず熟考してほしいこと、それは自分にとっての「良い家」とは何かという事です。注文住宅だからこその、施主の思いやスタイルが内装や間取りに詰まったオリジナル感のある良い家。それは、趣味や家族のライフスタイルを考慮して建てることで注文住宅の良さを活かすことができます。家族が使いやすい、プライベートや家族だんらんを重視したデザインの良い家。それは、個人の毎日の暮らしが快適かつスマートになる家となります。四季がある日本だからこそ、季節に合わせた暮らしやすさを重視した良い家。猛暑や冬の寒さなどでも快適に暮らせれば使うエネルギーも少なくて済みます。耐久性、耐震性に優れ、維持管理を考慮して建てられた良い家。メンテナンスの手間や費用を少なくすることができ、手入れをすることも考慮した構造や外壁を選ぶこともできます。
機能性を重視した良い家。は現代の生活に必要な設備や性能で快適な暮らしができます。どの点を重視したいか、それともどれも取り入れたい!ということも注文住宅ならばより希望に近い家づくりができる点が注文住宅の良さです。自分の家のコンセプトやポリシーがしっかりしているほど、より魅力的な家づくりにつながると思います。
和風な家

注文住宅を建てていく際での相談のコツ

注文住宅の購入についての見積もりやその際においての専門業者の担当者との話し合いなどにおいて、当事者同士の合意がなされた時点で初めて、購入のやり取りが行われ、そのうえで建築工事…

MORE

白を基調とした家

注文住宅は建売住宅よりも高くつくのか

注文住宅は、建物の構造や間取りなど、あらゆるものを自分の希望通りに選ぶことができます。その一方で、かかる費用は建売の住宅よりも高くなると言われており、予算の都合から注文住宅を…

MORE

屋根の角度が少し急な家

女性が建てた注文住宅

夫に亡くなられてから建てた新潟市の注文住宅です。色々な所の土地を探したりしましたが女だということで新潟市の不動産屋さんとの行き違いはありました。喧嘩せず仲良くすることです。ま…

MORE

注文住宅はハウスメーカーか工務店か

木のおもちゃの家

注文住宅というのは、建売住宅と違い、自分たちの希望を強く反映させた家で、こだわりの家を立てられますが、こだわればこだわるほど工期とコストが増していく、という特徴があります。注文住宅を依頼する場合、大きく分け…

MORE


TOP

Copyright © 2016 住居に何を求めているのかを明確にし注文住宅を選んだ方が良い All Rights Reserved.